「lineで稼ぐ」本当は真っ赤な嘘!とまで言えないけどムリゲーであることを説明します

よくネットやSNSで

lineで稼げる!
lineでスタンプを送るだけ!一日に3万円を稼げる!!

のような広告?を見ることがあります。

私は、本業をやりながらチャットレディを副業として夜系のお仕事で狂ってしまった金銭感覚の穴を埋めているのでw実際にそんなことが可能であるなら是非ともやりたい!と思って、トライしてみました!

結論から言うと、lineで稼げると言って、甘い言葉をささやくような広告は本当はほとんどが嘘っぱちとまでは言えないまでも、かなり可能性の低いことを、悪意があるほど大げさに言っていることがわかりました。

Yahoo!知恵袋などを見てみても、同じように思っている人がいるようなのでご紹介していきます。

この記事では
・lineで稼げる(と言われている)仕組み
・lineで稼げるのが本当かどうか
・なぜ、lineで稼ぐことが普通の人には難しいか
・lineで稼げると言っている人の本当の狙い

についてご紹介していきます。

lineで稼げるって本当?実際に話を聞いてみた。

今やほとんどの人が使っているSNSアプリがlineです。私なんかはもう、スマホで電話もメールもした記憶がかなり懐かしいくらいにlineのメッセージ機能や通話機能を日常的に使っていますし、そういう人も少なくはないんでしょうか?

なんと、そんなlineを使って稼ぐことができる方法があるそうです!

気になっていたのですが、あまり信用ができずに今まで放置していたのですが、本当にそんなに簡単にlineで稼ぐことができるのであれば、やらないと損だなと思い、実際にやってみることにしました。

lineで稼げると言っているサービスは色々あるようですが、私が実際に登録してみたのはlineのグループに登録するタイプのもので、lineグループに入ると、やたらと羽振りのいい情報が送られてきました。

どうやら、lineを使ってコミュニティを作り、いくつもの商品の紹介をすることによって稼ぐというお仕事だそうで、その商品を紹介するための権利を得るために(あとコミュニティ作りのノウハウを学ぶために)初期費用として10万円を支払うというものでした。

lineで知らない人を繋いでコミニュティを作るということができるイメージがあまり湧かなかったことと、副業などを始める際に、明確に回収できる見込みのない初期費用は払わないことに決めているため、結局初期費用を支払うことはありませんでした。

初期費用を払いそのコミュニティ作りのノウハウを学ぶことができればlineで本当に稼ぐことが出来るかもしれませんが

・lineグループで人を集めることができたとして、紹介した商品を購入してもらうにはかなりのスキルが必要
・商品の紹介をされるだけのグループに人をずっと繋ぎ止めておくにはかなり労力がいる
・自覚しているスキルと、必要なスキルがかけな離れすぎていて初期費用の10万円を回収できる自信がない

という理由から辞めておきました。

どうやら他にも色々とlineで稼ぐという方法はあるようなので、紹介します。

 

どういう仕組みでlineで稼ぐことができると言っているのか?

lineで稼ぐための方法としては主にこの3つのタイプがあるようです。

広告収入型(商品紹介タイプ)
販売型(商品販売タイプ)
寄付・支援型(インフルエンサータイプ)

それぞれ紹介していきますね。

lineで稼ぐ方法1: 広告収入型(商品紹介タイプ)

これは私が、話を実際に聞いてみたタイプのものです。仕組みは以下のようなものです。

<稼ぐための仕組み>
→lineでグループを作る
→llineグループの人たちが欲しいと思うような商品やサービスを紹介する
→紹介したサービスなどが購入された際に、売り上げのいくらかを紹介費用として貰う

アフィリエイトによく似た仕組みですね。

アフィリエイトは、興味のあることや知識のある内容について、ウェブサイトで情報発信するとともに商品の紹介を行います、その記事を読んだ人が商品を購入した際に、商品の紹介を依頼した企業から報酬を得ることができるというものです。

アフィリエイトに関してはこの記事に詳しく説明が書かれています。

副業でアフィリエイトはあり?副業で行う際のメリットや注意点を解説!

ウェブサイトでのアフィリエイトの場合、対象となるのはウェブを利用するすべての人であることに比べて、lineを利用した広告収入型の仕組みは、商品を紹介できる対象は自分が集めたグループの人のみです。

さらに、私自身lineグループで紹介された商品などを購入した経験が無いように、会ったこともない人ばかりのlineグループで紹介されている商品を買うということは、かなりハードルが高いように思います。

稼げる可能性はゼロでは無いでしょうが、簡単に稼ぐことはできないと思います。

 

 

lineで稼ぐ方法2: 販売型(商品販売タイプ)

こちらは、先ほどとは少し異なりますが基本は同じです。

<稼ぐための仕組み>
→lineでグループを作る
→自ら取り扱う商品をllineグループの人たちに紹介する
→購入された際に、売り上げとなる

自分が取り扱う商品をlineを利用することによって販売するというかなりシンプルな仕組みです。

Yahoo!知恵袋でのベストアンサーの方の答えも同じタイプのものですね。

LINEでお金稼げるって本当ですか?

LINEを介してお金を稼ぐことは可能です。
例えば、Aさんがある画像を欲しがっていたとします。そこでBさんはその画像を持っています。AさんはBさんに1000円分のAmazonギフトなどを送ります。これをLINEでやり取りをしていれば、一応、BさんはLINEを介してお金を稼いだことになります。

自分で商品を持っている人ばかりでは無いと思いますが、line上でスタンプを売るというような方法もあるようです。

これらの方法はかなりシンプルですが、やっぱりかなり難しそうです。

そもそも、すでに取り扱うことができる商品を持っている人でなければできないことですし、先ほどのタイプと同じようにlineグループを作ることも簡単なことではありません。

line@というビジネス用のアカウントを利用して友達設定をした人に商品を紹介することもできますが、友達設定をしてくれる人を増やすことの難しさはlineグループを作ることとそこまで変わらないと思います。

lineスタンプを売ったとしても、せいぜいスタンプの相場は100円くらいのものなので、かなりの人に購入してもらわなければ稼ぐことはできませんし、lineスタンプは現在とてもたくさん種類があるので、その中から自分が作ったものだけを沢山の人に買ってもらえるようにするには、かなりの才能が必要だと思います。

この方法も、稼げる可能性はゼロでは無いですが、限りなく低いように思えます。

lineで稼ぐ方法3: 寄付・支援型(インフルエンサータイプ)

こちらは、lineを利用して自分を応援してくれる(お金をくれる)人を見つける方法です。

<稼ぐための仕組み>
→LINELIVE(ラインライブ)で動画を配信
→ファンになってくれた人から、ギフトやポイントをもらう
→ポイントをLINEPayなどに利用する

LINELIVE(ラインライブ)という動画配信サービスがあるので、これらを利用してファンを増やし、ファンからもらえるギフトやポイントをLINEPayなどで利用することで、現金では無いものの稼ぐことができるというもののようです。

ドキドキLIVEやイチナナのようなライブ配信アプリに近い稼ぎ方みたいです。

最近でいうところのインフルエンサーみたいなものでしょうか。

これも、そもそもファンを獲得することが難しいですし、ギフトをもらうことも難しいです。楽に稼げるということはないでしょう。

ドキドキlive(DokiDoki Live)に潜む危険性、稼ぐことができない理由とは?

 

結論、lineで稼ぐというわずかな望みにかけるよりも、チャトレで稼いだ方がいい

実際に、lineで稼げるというのは本当かどうかを一度聞いてみて、かつ色々と調べてみた結果、チャットレディで稼いだ方が絶対にいいと私は結論を出しました

というのも、lineで稼ぐためにはお金を払ってくれる(稼がせてくれる)可能性のある人をわざわざゼロから集めないといけないですが、チャットレディであれば、男性会員をサービスが集めてくれているので、その中で自分とチャットしてくれる人を探すだけで済みます。

さらに、lineを送るという行動が稼ぎに直接繋がらないことに対して(lineをみていいなと思ってくれた人が商品を買う、もしくは応援してくれる)チャットレディは、メールを相手が返してくれただけ、相手とチャットで話した時間分がダイレクトに稼ぎになります。

チャットレディでは、チャットレディが稼いだ額の中からサービスを提供する企業は手数料を儲けるので、「ノウハウを教えるから」もしくは「働くための資格を与えるから」などと初期費用を求められることもありません。

もちろん、lineで稼いでいる人がいることを否定するつもりはありませんし、チャットレディをすれば誰でも稼げるというつもりもありませんが、可能性としてはそちらの方が高いと思います。

チャットレディについて気になった人はこの記事にも詳しく書いているので、読んでみてください。

ほとんどの水商売を経験した怠け者の私が、今一番いいと思う仕事

 

この記事を書くに当たって、これらの記事などを参考にさせてもらいました!是非こちらも参考にしてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!