あなたは大丈夫?チャットレディをして病んでしまう人の4つのタイプ!

これは別にチャットレディに限ったことじゃないかもしれないけど、チャットレディをして疲れてしまうって言う人はある程度いると思います。

というのも、チャットレディやキャバクラ、ガールズバーでもそうだけど、いわゆるお水系は女性という性を売り物にしている仕事だから、それを楽しめる人と楽しめない人で、イコール稼ぎ続ける事ができる人、できない人に分かれるんだと思います。

この記事では、チャットレディをしようかどうかを迷っている人のために、チャットレディをすることによって疲れてしまう人の特徴をご紹介します。

 

チャットレディが嫌になる人の特徴

チャットレディは、基本的に対面でのコミュニケーションは発生しないため、身体的な危険性はありません。強引にセクハラをされることもなければ、お酒を無理やり飲まされることもありません。

そういう意味でいうと、一般的なお水系の仕事や、風俗系の仕事よりも安全であると言えるのですが、ウェブであることのデメリットもあります。

それが、男性も対面では女性に対してさらけ出せないような性癖や嫌な性格の部分を出してくる可能性があるということです(お前!それ、絶対リアルで言う度胸ないだろ!というようなことを言ってくる人もいます)。

ウェブはお客さんである男性の本性を浮かび上がらせます。そういう訳で、人にはよりますが対面で会う時よりも、かなり失礼な態度をとるような人や、非常識な行動をとる人もいます。

女性でも、ウェブ上で攻撃的な発言をしたり匿名だからと言って無責任に人を傷つけるような発言をした事がある人もいるのではないでしょうか?

私もチャットレディを始めた時は、チャット上で見せられる男性の嫌な部分が見えすぎて、ちょっと病みましたwそんなところから立ち直れる人と無理になって、男性に対して苦手意識を持ってしまう人が分かれるなと思ったので、病んでしまうタイプの女性がどういう人かを紹介します。

 

深く考えすぎるタイプ

まず、病んでしまうタイプで多いのは、深く考えすぎてしまうタイプです。私も若干このタイプなのですが、チャットレディをしている中では、心無い言葉を言われることは結構あります。

デブだブスだというルックスをいじられるようなこともありますし、こんな仕事をしているなんて汚い女だと(いやお前はそのサービス使ってるけどな!)言われることもあります。

そう言った、いわゆるクソ客の発言をいちいち真に受けてしまって、本当にそうなのかもしれないと深く考えすぎたり、自分の人生の中でチャットレディをしたという経験が今後も消えない過去としてずっと残るのではないか?みたいなことを悶々と考えていると病みますw

基本的にクソ客は話を長引かせてお金を稼がせてくれる(うるさい子犬みたいなもの)だと思って聞き流しましょう。それができるかできないかで、結構違ってきます。

クソ客には型がある!4つのタイプから見るクソ客大図鑑。

 

潔癖なタイプ

潔癖なタイプもチャットレディをすると病んでしまうかもしれません。私は知らない男性などには触ることも触られることもすごく嫌で、夏に男性のシャツから脇毛がのぞいているのを見るだけで、憂鬱になってしまうくらいなのですがw

精神的に潔癖なタイプはチャトレは難しいでしょう。

というのもいくらノンアダルトを選んでいても、アダルトを目的としている人は一定数必ずいるので、普通に話しながらいきなり服を脱ぎ出したり、下半身を露出してきたりと、ヤバい人だなと思うほど脈略のないようなアダルトスイッチが入る人がいますw

そういう人に遭遇しても、何この人?キモ!wと笑えるような人であれば病むことはありませんが、その度に、汚されてしまった、、。と思うような人なら難しいかもしれません。

 

お金を稼ぎたいという事以外で始めるタイプ

これは個人的な意見ですが、チャットレディを始める理由はお金が稼ぎたい!とシンプルなものが一番強いと思っています。

中には、コミュ障な自分を克服したい!とか、男性に対する苦手意識を超えたい!とか、お金を稼ぐという目的以外で始めたりする人がいますが、そういう人の克服プログラムとしてチャトレを活用することはやめておいた方がいいかもしれません。

なぜなら、チャットレディサービスでまともな会話が通じるケースは多くないからですw

(特にアダルトは)動物園みたいなものだなと私は思っているのですが、コミュ障を克服しようと色々話しても男性の目的は会うことだったり、アダルトに持ち込むことだったりがほとんどなので、前提として日常で活用できるようなコミュニケーションは身につきませんw

常に口説かれて、お願いされて、会いたいと言われるような異常な空間であることを理解していないと、余計に拗らせる原因になると思います。

流されてしまうタイプ

男性に流されて、好きじゃない人と関係を持ってしまった、、。みたいな経験を持っている人はもしかするとチャットレディは向いていないかもしれません。

というのもチャットレで起こりうるトラブルの原因のほとんどは流されてしまうタイプだから発生するからです。お金を使って話してくれている人だから、会わないと申し訳ない、、。などと押し切られて実際にあって、トラブルに巻き込まれるなんてこともあります。

やたらと強く、話してくる人もいますが、そういう人には聞いているふりをしながら時間を稼いでお金を稼がせてもらうことを優先できるくらいの図太さがないと厳しいかもしれません。そういう意味で素直すぎる人もあまり良くないかもしれませんね。

 

結論:アダルト要素もあるチャットレディ、本当にやるかどうかはきちんと自分で決めた方がいい

チャットレディをして病んでしまう人の特徴をいくつか紹介しましたが、結論から言うと、やっぱりちゃんと自分を持っている人じゃないと難しい仕事だと思います。これはチャトレではなくても水商売などのいわゆる女性限定の仕事をするのであれば全てそうだと思います。

まぁ、かく言う私が結構紹介したタイプでしたwなので病んだこともあったのですが、なんか吹っ切れたというのもあり今ではクソ客への対応もお手の物ですw

そんな風に、覚醒するパターンもありますが、やはりきちんと考えて始めるべきですね。病みそうな人は通勤タイプのチャトレならアドバイスやフォローをしてくれるのでオススメだったりしますよ。

 

在宅派?勤務派?あなたはどっち?チャットレディの働き方

最新情報をチェックしよう!